2017年10月09日

子供用アプリ「ゆびつむぎ」がグッドデザイン賞

お仕事させてもらったアプリ「ゆびつむぎ」がグッドデザイン賞をとったとご連絡頂きました。
http://www.g-mark.org/award/describe/45910
はじめて打ち合わせの時、わざわざ株式会社エクストーンの社長さんがうちの近くまで着てくれ、情熱とこだわりを話して下さいました。内容を聞き、サンプルを見たときに、直感的にいいな!と思いました。今までアプリケーションのお話は色々あったのですが、お引き受けしたのは初めてでした。
そして直感は当たっていました。絵本的アプリというのに、最初躊躇もあったのですがアプリだからできることを、見事に実現されていました。描く絵の多さに、挫けそうな気持ちにもなりましたが、挫けなくてよかったw
絵本作りも大変だけど、何を作るのも人を感動させるものを作るってのは本当に大変で、、でも良い形になったときは、とても幸せな気持ちになるのです。
私のは「地中の世界」絵描き教室の課題でもよくやります。子供達地中の世界大好きです。
だんごむしキャラといもむしキャラがお気に入りです◎
だんご.jpgいもむし.jpgwidth="272" height="228">


posted by NANOA at 02:27| 日記

2017年09月28日

いのち

machi.jpg

この絵は、とこちゃんシリーズで、展示した絵の中でもわりと人気の作品です。(※当社比)
半コラージュ絵画なので、複製できるものでお値段も低価格で、4枚ほど販売させて頂きました。
1つは、出産祝いに、引っ越し祝い、結婚祝いなど、お祝い事のプレゼントに購入してもらうことは、本当に光栄なのです。
7年前ほど前に描いた作品をアレンジしたもので、今みると描き直したいところが色々ありますが、描きたいという初期衝動が、絵にパワーとして宿ってるから人の目にとまるのかな、と自己分析。

ところで
昨年、いとこが54歳の若さで亡くなりました。
腎臓移植の専門の医者で、尊敬するお兄ちゃんでした。
これからもっと色々な人の命を救えたのにのに、まだ子供達が成人してないのに、
と周りの悲しみは相当でした。
特にお兄ちゃんの両親(80歳)は健在なのですが、その悲しみは心中察するにあり余るものがありました。
少しでも、元気になってもらえたら、、
ご両親にこの絵を贈りました。他にできることは何もなかったので。
だけど、とても喜んでくれて、玄関に飾ってくれた、とのこと。

パワーを送ったつもりが、パワーの源になりました。
これからも、絵にいのちをふきこめるように、精進しよう…
posted by NANOA at 14:02| 日記

2017年09月07日

夏の小鳥展終了しました

先週になりますが、8月30日にこども達と一緒の展示
『夏の小鳥展』が無事終了しました。
はじめての試みでしたが、投票制の貝の小鳥賞は、鑑賞する人も巻き込み、
とても楽しい展示になりました。
投票結果、1位は飯田一歩未ちゃんの『にじいろの鳥』でした。
123.jpg
1人2票ずつ投票する仕組みにしたのですが、1票だと自分のに入れてしまう可能性があるので2票ずつしました。22人の展示でしたが、一歩未ちゃんには22票はいりました!
また票数が2位でもあり、技法に工夫が見られた高田さきちゃんの『とりの兄弟』に特別賞を設けました。
saki.jpg
他の作品もいいものばかりで、お客さんは投票に困っていました。
本当に、こどもたちに絵を教える幸せをかみしめる事ができた展示期間でした。
kai.jpg
おかげさまで、私の2点作品をお買い上げいただいた方もいらっしゃって
色々な面で、本当に励みになる展示を企画していただいた貝の小鳥にさんに
心から感謝いたします。
posted by NANOA at 01:18| 日記